トピックス

「どうする!?エネルギー大転換」展 日本科学未来館

 日本科学未来館では、3月29日(日)まで、「どうする!?エネルギー大転換」展を開催。2017年にドイツ博物館(ミュンヘン)で開催され、約68万人が来場した企画展「energie.wenden」(邦訳:エネルギー転換)の巡回展で、ドイツ国外では初開催です。
 同展では、新たに日本のエネルギー事情を紹介するコーナーを加え、私たちの生活に欠かせないエネルギーの未来について考えます。
 地球温暖化、大規模気候変動、化石燃料の枯渇などのリスクを見据え、化石燃料に依存している現在の状態から脱却し、持続可能なエネルギー源へとエネルギーの大転換を図る「エネルギー転換」をどう進めるのかを考えます。同展ではエネルギーにまつわる10のテーマについて、日本や世界の情報を提供しながら、来場者一人ひとりが エネルギー政策について考えます。会期中に集められた来場者によるエネルギー政策の選択結果は集計され、ドイツ開催時に集められた結果との比較から、エネルギー政策に対する日独市民の考え方の違いも調査される予定です。
開館時間:10~17時(体験受付は 16時30分まで)
場所:日本科学未来館1Fコミュニケーションロビー
休館日:火曜日(ただし、2/11、3/24は開館)
入場料 無料 ※常設展は別途入館料が必要です。
問い合わせ:☎03-3570-9150
https://www.miraikan.jst.go.jp/sp/energiewenden/


お台場海浜公園で一部施設利用を休止

 お台場海浜公園は、五輪・パラリンピック東京大会でのトライアスロンとマラソンスイミング競技会場の準備工事のため、公園の施設利用が一部休止となります。
[利用を休止する主な公園施設]
お台場ビーチ・園路、中央駐車場
(2月上旬から)レクリエーション水域、ボード保管庫、シャワー室、北口駐車場
○公園閉鎖の範囲・期間は、海上公園なび(http://www.tptc.co.jp/park/01_02 )にて、ご確認ください。
問い合わせ:
・大会および大会準備について
(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
☎0570-09-2020
・公園施設(駐車場を除く)について
お台場海浜公園管理事務所☎03-5531-0852
・駐車場について
東京テレポートセンター☎03-5500-0165


葛西臨海公園 水仙まつり

 葛西臨海公園では、5万球・20万本のスイセンの開花に合わせ「水仙まつり」が開催されます。今回は、スイセンの三大群生地として知られる越前海岸がある福井市から一昨年寄贈されたエチゼンスイセンの成育が進み、さらなる開花が楽しめる見込みです。
期間・時間:2月8日(土)・9日(日) 各日10時~15時
※雨天時は、一部内容が変更となる場合があります。当日天候等により、内容に変更が生じた場合、随時園内各実施場所にて案内がされます。
場所:葛西臨海公園スイセン畑、芝生広場ほか
内容:水仙ガイド、下田市の特産品販売、島田市の農産物販売、福井市の特産品販売、越前水仙の配布、公益財団法人えどがわ環境財団PRコーナー、までいマーケットによる「小松菜うどん販売」、大観覧車のマスコットキャラクター「ダイヤちゃん」との記念撮影、葛西臨海たんけん隊「五感を使ってたんけんしよう!」、大道芸、野鳥の写真展、野鳥のガイドツアー、大学生による生き物の展示、フラワーアレンジメント教室
場所:葛西臨海公園江戸川区臨海町6-2-1
交通:JR京葉線・武蔵野線「葛西臨海公園」駅下車 徒歩1分
バス 東京メトロ東西線「葛西」駅もしくは「西葛西」駅から都バス葛西臨海公園行きで約20分 終点下車 徒歩1分
問い合わせ:葛西臨海公園サービスセンター ☎03-5696-1331
公園へ行こう!葛西臨海公園ホームページ
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html


第89回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020

 国内最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第89回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020」が東京ビッグサイト全館、青海・西・南展示棟で開催。「心地よい暮らしの提案 PARTⅡ」をテーマに魅力ある商品の展示と商談が行われます。同時開催の『東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020第7回LIFE×DESIGN』『第27回グルメ&ダイニングスタイルショー春2020』を加え、来場者数30万人が見込まれています。
●「日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
第89回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020」
期間:2月5日(水)~7日(金)
時間:2月5日(水)~6日(木)10時~18時
   2月7日(金)10時~17時
[同時開催]
●「暮らし デザイン 新時代
 東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020第7回LIFE×DESIGN」
 会場:青海展示棟
●「食卓を切り口に、新しいマーケットとライフスタイル・食文化を創造す る見本市 第27回グルメ&ダイニングスタイルショー春2020」
 会場:西2ホール
料金:無料(事前登録制)
※公式ホームページからの事前手続きで無料で入場できます。
場所:東京ビッグサイト全館、青海・西・南展示棟
問い合わせ:ビジネスガイド社インターナショナル・ギフト・ショー事務局
☎03-3843-9851
http://www.giftshow.co.jp


タイアップキャンペーン「『東急線りんかい線お台場パス』で行く!!東京ジョイポリス2020」

 りんかい線(東京臨海高速鉄道)、東京ジョイポリス(CAセガジョイポリス)、東急電鉄は、今回で7回目となるタイアップキャンペーン「『東急線りんかい線お台場パス』で行く!!東京ジョイポリス2020」を実施中です。
 期間中、東急線各駅からおトクなきっぷ「東急線りんかい線お台場パス」を利用して、お台場にある東京ジョイポリスへ遊びに行くと、もれなくプレゼントがもらえるほか、抽選で各種素敵な賞品がその場で当たります。
期間:~4月5日(日)
内容:「東急線りんかい線お台場パス」を利用して東京ジョイポリスに来場し、特設ブースで提示すると、もれなくプレゼントがもらえます。また、抽選で109名にその場で当たる素敵な賞品がプレゼントされます。
(1)もれなくプレゼント(3点全て)
①ソフトドリンク②のるるんキラキラシール③りんかい線マスキングテープ
(2)抽選で合計109名にプレゼント
①東京ジョイポリス年間パスポート(2名)②東京ジョイポリスペアパスポート(18名)③東京ジョイポリスペア入場券(40名)④のるるんステンレスボトル(19名)⑤りんかるマルチ巾着(30名)
○イベント
 キャンペーンを記念して東急線キャラクター“のるるん”とりんかい線“りんかる”が東京ジョイポリスに登場します。
期日:3月20日(金・祝)11時30分/14時30分(各回約30分)
【東急線りんかい線お台場パス】
 東急線各駅の券売機で発売中(大井町駅、こどもの国線・世田谷線をのぞく)東急線各駅(一部の駅をのぞく)から大井町駅までの往復とりんかい線の大井町駅~新木場駅間が1日乗り降り自由の1日乗車券を組み合わせたおトクなきっぷです。※ 各駅からの料金 740円~1,050円(こども半額)
【東京ジョイポリス】
りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩5分 デックス東京ビーチ3~5階
 国内最大級の屋内型テーマパークです。営業時間:10時~22時(最終入場21時15分)
料金(入場料):大人800円・小中高生500円(パスポート)大人4,500円・小中高生3,500円
※東京テレポート駅でお得な前売券を販売中
(パスポート前売券)大人4,100円
(キャンパスパスポート)大学・専門3,900円、小中高生2,900円
りんかい線 http://www.twr.co.jp
東京ジョイポリス http://tokyo-joypolis.com


「SMALL WORLDS TOKYO」
2020年4月25日(土)グランドオープン

 SMALL WORLDSは、東京・有明地区で開設準備を行っている世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(スモールワールズTOKYO)」を2020年4月25日(土)にオープンすると発表しました。
 同施設は、総面積8,000㎡を4つのフロアに分け、SMALL WORLDS TOKYOの世界へ旅立つ「ディパーチャー・フロア」、世界中の素晴らしい食事が楽しめる「ディパーチャー・ラウンジ」、様々な世界を楽しむことができる「スモールワールズ」、スモールワールズを日々創り出している「クリエイターズ・フロア」でそれぞれの体験ができます。
 メインとなる「スモールワールズ」は、「関西国際空港エリア」「スペースセンターエリア」「世界の街エリア」「エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア」「エヴァンゲリオン 格納庫エリア」「東京エリア(仮・詳細未定)」「美少女戦士セーラームーンエリア」の7つのエリアで構成。「エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア」ではハリウッドの第一線で活躍するJae Cheol Hong監督とともに、ARとVRを活用した映像アトラクションを開発します。また、「美少女戦士セーラームーンエリア」では作品の主人公・月野うさぎの自宅や舞台となる街並みがミニチュアで再現されます。
 一方、沖縄で火災のため消失した「首里城」を特別エリアとしてミニチュアで再現し、2020年中にSMALL WORLDS TOKYOで公開、2021年には新たにオープンするSMALL WORLDS OKINAWAに移送して展示される予定です。
チケット等の詳細は「SMALL WORLDS」公式サイトをご覧ください。
https://www.smallworlds.jp/


開発面積約10.7haの大規模複合開発
「有明ガーデン」プロジェクトを発表

 住友不動産は、2020年春に開業予定で江東区有明北地区で開発を進めている大規模複合開発のプロジェクト名称を「有明ガーデン」とした計画概要を発表しました。
 有明ガーデンは、200店舗超が揃う大型商業施設「有明ガーデン」、約8,000人が収容できる劇場型ホール「東京ガーデンシアター」、「劇団四季劇場」(2021年4月開業予定)、全749室の「ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明」、露天風呂付き温浴施設「泉天空の湯 有明ガーデン」、約38,000㎡の「有明ガーデンパーク」と全長約450mの並木道、1,500戸超えのトリプルタワーマンション「シティタワーズ東京ベイ」で構成されます。


特設展示「海のゆりかご」第2期展示

葛西臨海水族園では、特設展示「海のゆりかご」の第2期展示をオープン。海のゆりかごと呼ばれる環境を代表する「サンゴ礁」に焦点をあて、サンゴやそこにくらす生き物とのつながりを楽しく紹介します。
期間:〜2020年2月29日(土)※予定
場所:本館1F「東京の海」エリア 特設展会場
時間:9時30分~17時(入園は16時まで)
休園日:毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
入園料:一般:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/


複合開発「羽田エアポートガーデン」
1,700室超えのホテル等を来春オープン

 住友不動産と羽田エアポート都市開発は、羽田空港第2ゾーンで行なっている大型複合開発の街区名称を「羽田エアポートガーデン」として概要を発表しました。
 羽田エアポートガーデンは、「ホテル ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田空港」(客室数160室)、「ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港」(客室数1,557室)、24時間営業の天然温泉施設「泉天空の湯 羽田空港」、60店舗が集う商業施設「ショッピングシティ 羽田エアポートガーデン」、イベントや会議室を備える「ベルサール羽田空港」、都内・近郊・中長距離便が発着する「羽田エアポートガーデンバスターミナル」で構成され、2020年春に開業予定です。


使い捨てプラスチックを再生利用した表彰台プロジェクト
「~みんなの表彰台プロジェクト~」

東京 2020 組織委員会とP&G ジャパンは、リサイクル素材を使用した東京 2020大会の表彰台を制作する「みんなの表彰台プロジェクト」を開始しました。使用済み製品のプラスチック容器などのリサイクル素材を回収して、東京2020五輪・パラリンピックの表彰台制作に使用されます。


初代南極観測船“宗谷”一般公開の一時休止
(4月再開予定) 船の科学館

 船の科学館では、2020年に建造から82年を迎えるわが国初の南極観測船“宗谷”を展示・公開していますが、保存整備工事のため以下の日程で一般公開を一時休止いたします。本工事では船体の整備のほか、展示室の整備を行い、VRコンテンツを含む新展示を導入予定です。4月(予定)からの一般公開再開をご期待ください。
工事および休止期間:12月28日(土)~2020年3月31日(火) 
一般公開の再開日時:2020年4月1日(水)10時(予定)
問い合わせ:☎03-5500-1111(船の科学館)
公式サイト https://www.funenokagakukan.or.jp


豊洲市場の飲食・物販店舗及び見学者通路の一般の方の利用について

 豊洲市場(江東区)の場内飲食店舗、物販店舗及び見学者通路の利用時間は、市場開市日の朝5時から17時まで(飲食店舗・物販店舗は各店舗の営業終了時間まで)です。日曜日、祝日その他市場が休みの日は利用できません。
※一般の方の卸売場及び仲卸売場への立入りはできません。また、見学者用の駐車場、駐輪場の用意がないため、公共交通機関(路線バス、ゆりかもめ)を利用してください。市場周辺道路に乗用車や観光バスを駐車しての来場はしないでください。


「東京国際クルーズターミナル」開業予定日は2020年 7月14日に

東京国際クルーズターミナル

東京都が臨海副都心で整備を進めている新たな客船ターミナル「東京国際クルーズターミナル(Tokyo International Cruise Terminal)」の開業日を2020年7月14日と発表しました。
 同ターミナルは、岸壁延長430m、水深-11.5m、4階建てのターミナルビル1棟を備え、世界最大級のクルーズ客船に対応可能。国際観光都市の新たな玄関口として、船の科学館、東京湾岸警察署付近の海岸で建設を進めています。一方、開業時に迎える第1船として、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社が運航する“スペクトラム・オブ・ザ・シーズ”(総トン数168,666t・乗客定員4,246人)が同日に入港予定です。